TA-ケミカル 施工事例

エフロ(白華)除去

エフロ・白華とはコンクリートの成分が原因で表れる現象で様々な箇所で見る事ができます。少量のエフロであれば洗浄剤で落としきれますが体積している場合はケレンなどで削って洗浄する方法が一番早いようです。

» 事例を確認する

木部の洗浄

外装の木部は雨風に当たり弱っている為、屋内木部の表面の様に平滑ではなく、年月を経ると共に木目と木目の間が凹んできます。その様な状態になると、1種類の洗浄剤で落とす事は困難で手間がかかりますがその分キレイに仕上がります。



石材・タイルの汚れ除去

石材・タイルの水垢は様々な汚れが体積している場合がありますので、必ずデモ洗浄でどの洗浄剤が一番適しているかを判断し、的確に使い分けます。例えば、水垢が付着していたのでTAベータで洗浄していたら、最初は汚れが除去できていたのですが、途中から反応がとまりました。そこで、洗浄剤をTAリーフに変えると、再度反応が始まり除去した事もあります。このように、必ずデモ洗浄の時に洗浄剤の見極めます。

» 事例を確認する

外壁の汚れ除去

コンクリートは吸水性が高く、内部に水が溜まりやすいため、付着する汚れの多くはカビ・コケ類です。この場合、2種類のTAケミカルを組み合わせることによって高い洗浄効果と殺菌効果で除去することができます。最後は、高圧洗浄機で洗い流します。



» 事例を確認する

石材のシミ除去

石材のシミと言っても様々なシミが想定できます。例えば、機械油のシミ・ペットの尿・油のシミ・裏面のモルタルの吸い上げシミなどシミによって洗浄剤を使い分けます。今回は裏面モルタルのアクを吸い上げた現場の施工手順になります。石材のシミ抜きが難易度が高いです。

» 事例を確認する

外壁のタイル洗浄

タイルの汚れを除去する時は、タイル目地を痛めないために中性・アルカリ性を使用しますが、汚れの汚染が激しい場合は酸性の洗浄剤を使うケースも少なくありません。試験施工でどこまで落とせれるか、手間が掛かるか元請会社等に確認してもらう事が重要になります。

» 事例を確認する