昼は光触媒、夜は銀の力で防止

CSC銀系光触媒

CSC銀系光触媒とは…

光触媒は、様々な種類が開発され使用用途も異なります。そこで効果をきちんと発揮させるには、光触媒の選択が重要になってきます。たとえば、夜間光が当たらない箇所で消臭効果を求める場合は、銀イオンを配合した光触媒の選択、また外壁の防汚効果は親水性が強い光触媒の選択、日陰などの防カビ対策であれば、防カビ効果の高い光触媒の選択が重要になってきます。

光触媒は「魔法の水」ではない!

光触媒は、[消臭][抗菌][親水性]の3つの効果で美観を維持し、快適な空間を演出します。しかし、魔法の液ではないので、ニオイが“ゼロ”、カビが“生えない”、汚れが“付かない”という製品ではありません。しかし、きちんとした製品選択をすれば、より近い効果は発揮されます。

例えば、室内の消臭を目的にされているのであれば、CSCをお奨めしております。コートする素材を選ばないので、コート対象面積が増えることで分解効果も増えてきます。抗菌を目的にされているのであれば、選択は2通りに別れます。浴槽などであればCSC、工場などの塗装面であればCSカラーをお奨めいたします。

最後に親水性ですが、外部のリコート(塗り替え)などであればCSカラー、人気の高い塗り壁であればCSパレをお奨め致します。

防汚効果を発揮する親水性

光触媒で防汚効果を発揮する親水性ですが、雨水が流れれば汚れとコート面に水が入り込み、キレイに洗い流してくれます。

しかし雨が長期間、降らない場合や雨水が掛からない場所は汚れが付着したままの状況になることがあります。またシーリングから出る汚れは防止効果が弱いのでポリサルファイドなど低汚染のシーリング材の使用をお奨め致します。