よくあるQ&A

CSC銀系光触媒

よくあるQ&A


CSC銀系光触媒に関するよくあるご質問を下記にまとめております。ご参考にして頂けると幸いです。

効果はどれくらいもつの?
人体に害はないの?
CSCがかかってはいけない物は?
表面が湿っていても大丈夫?
どんな臭いでも消えますか?
光触媒で臭いは全て消える?
光がなければ効果は全くないの?
下地処理をしなくても施工できるの?
施工した物の色が変わる事はないですか?
どのくらいの温度まで耐えられますか?
次亜塩酸などの薬品に対して反応しないの?
車の外にした場合、効果がどのくらい持ちますか?
カーテン、シーツなど繊維類に使用した場合は?
施工後は、掃除やメンテナンスはいらないの?

効果はどれくらいもつの?

施工する箇所にもよって、耐久性も変わってきます。例えば、ユニットバス内にコートした場合、床面などは基材ごと削れたりすることがありますが、天井などは長期間にわたり効果を発揮します。但し、理論上は剥がれ落ちない限り何年ももちます。某ホテル施設において、施工5年後も消臭・防汚効果は確認されております。

人体に害はないの?

急性毒性試験においては、高い安全性が立証されております。

CSCがかかってはいけない物は?

素材は選びませんが、食品そのものや観葉植物にはかからない様にして下さい。また、多孔質の素材、吸水性の有るもの(石・ブロック等)は効果が出にくいと思われます。当社指定のコート材を塗った後に吹き付けて下さい。

表面が湿っていても大丈夫?

吹き付け施工する際は、乾いてなければ付きません。結露していてもダメです。

どんな臭いでも消えますか?

いいえ。消えない臭いも有ります。芳香剤などの無機系の臭いは、あまり消えません。

光触媒で臭いは全て消える?

いいえ。発生源が残っている場合は消えません。充満する度合いが違うという事です。あくまで接触分解ですので、接触して初めて効果を発揮します。

光がなければ効果は全くないの?

基本的にはそうですが、CSC銀系光触媒には銀が含まれているので、銀の抗菌効果により、暗闇でもカビや菌の活動は抑えます。但し、他の機能は光の量や種類により、その効果は違ったものになってきます。

下地処理をしなくても施工できるの?

ホテルなど毎日メンテがはいっている所は、そのままできる場合も有りますが、喫煙室などでは付いている汚れを除去したあとでないと、効果は分かりにくいと思われます。

施工した物の色が変わる事はないですか?

全く有りません。銀系光触媒CSCは風合いを一切変えることなく、光触媒効果を発揮しますので、ご安心下さい。

どのくらいの温度まで耐えられますか?

テストの結果では、1400℃まで耐えられました。火災などにならない限りこの温度まで上がることは考えられませんので、ご安心してご使用下さい。

次亜塩酸などの薬品に対して反応しないの?

反応しません。ご安心してご使用ください。

車の外にした場合、効果がどのくらい持ちますか?

洗車機に入れても1年は持ちます。ワックスは必要ありません。鳥の糞などが雨で落ちたりする現象も出てきますよ。ぜひお試し下さい。

カーテン、シーツなど繊維類に使用した場合は?

全く問題有りません。通常の光触媒効果が見込めますので、ご安心してご使用下さい。

施工後は、掃除やメンテナンスはいらないの?

いくら光触媒効果があるとはいっても、掃除やメンテナンスは必要です。CSCは掃除が必要でなくなるものではなく、簡単、手軽になるというものだとご理解下さい。